スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
コサメビタキ
 
午後の軟らかい逆光
案外と撮りやすい

パチクリオメメのコサメビタキ
これも先にアップしたところで撮影。
【写真】ネイチャー | comments(0) | trackbacks(0)
ヤマガラちびちゃん
公園の植え込みに巣立ちしたヤマガラが。
親がせっせと餌を運んでいました。
しかし、うまい具合に息を潜めて通行人は誰一人気づきません。
たくましく生きていって欲しいですね。
 
こういうシーンを見かけても、ヒナを拾わないでくださいね。
【写真】ネイチャー | comments(0) | trackbacks(0)
テントウムシ
 
川沿いを自転車でゆっくり走りつつ
赤い点が視界を流れた
探していたモデルさん発見
こういう小さい虫でさえ、最初は逃げがち。
こちらが危害を加えないと知ると、自由に動くようになる・・・ような気がする。
コミカルな動きで楽しませる、こういう余計な事を考えず過ごせる時間に感謝
【写真】ネイチャー | comments(0) | trackbacks(0)
マクロな続き
近くの川に出かけていたのですが
鯉のぼりがたくさんかかっていました。(写真なし)
遊歩道を歩きながら昆虫探し。

 
昆虫もいるところにはかたまっている。
過ごしやすい場所というものがやはりあるのだろう。
昆虫は
飛ぶ、歩く、泳ぐ、潜るとオールマイティ
宇宙から来た超生命体という気がしてなりません。
そういう生き物を進化させた地球ってすばらしい。
【写真】ネイチャー | comments(0) | trackbacks(0)
GWはマクロ
ゴールデンウィークということで、私はあまり出歩きません。
渋滞と人が^^;
と、いうことで、
100mmマクロを取り付けて下を向いて歩いてきました。
こういうときに限って珍しい鳥がくるかもという不安は全然ハズレ。




とりあえず2枚アップ。
どうでもいいですが、黄砂がとても酷いです。
なんとかならないものですかね。
海にいってもこの状況では春濁りで・・・・
【写真】ネイチャー | comments(0) | trackbacks(0)
小型猛禽チョウゲンボウ
小型の猛禽チョウゲンボウ
クリクリのかわいい眼で愛嬌振りまきながらもガッツリ喰らう
 
ものすごくこちらを見ています


正面はかなりユーモラス
【写真】ネイチャー | comments(0) | trackbacks(0)
久しぶりの鳥探し
久しぶりの更新になってしまいました。
GWになっているので、少し出歩いてみた。
もう都市公園はこういうときは行きたくないので^^;
車で北に。。。小一時間も走ると山奥になります。
声を頼りに、山を歩きます。まだこの時期、若葉程度なので歩くのは楽。

さえずりはあれど姿はなかなか見つけられない。
道を外れて枝に注意しつつ声の主を捜します。
森林の暗めの枝に目が慣れてきた頃、ようやく見つけました。
時間かかりすぎ^^;
キビタキ 
キビタキ

誰も来ない山の中、ひときわ目立つキビタキ
私勝手な言い方をすると、この一羽で今日は大満足。

山を下りると晴れてきました。
【写真】ネイチャー | comments(0) | trackbacks(0)
季節の変わり
いよいよ冬鳥はいなくなってしまって
そのかわり夏鳥が飛来してきています。

青い鳥の代表格 オオルリ
オオルリ
 
オオルリ
【写真】ネイチャー | comments(2) | trackbacks(0)
ヒレンジャク
枝かぶりは鳥の場合ダメなんでしょうか。
私は魚を撮すのがメインなのですが
見てもおわかりのように一部だけや、岩がくれでも写真になっています。

その連携として、ヒレンジャク。
鳥を本格的に撮りだしてそろそろ全体フレームから脱却ですかね。
とはいえ、遠い、小さいため全体が写ってしまいますので
いろいろ撮り方を考えてみます。

 
【写真】ネイチャー | comments(0) | trackbacks(0)
いわゆるサイテーin大阪城公園
大阪城公園を歩いてみた。
コマドリ♂がいるらしくモデル撮影みたいになっている。
もちろん餌付け、ヤラセ枝
それを取り仕切る我が物顔のジジイ
あら、枝を折っちゃったよ。
誰もなにも言わない。
こういう世の中だから、刃物で刺されるかもしれないし。基地買いが多いし怖いよね。

その中に探鳥会っぽいグループがいた。
コンデジの子供からスコープ観察だけの大人まで。
ナントカの会って、群れるだけの集まりか?
そうじゃないでしょう。

都市公園って、そういう宿命にあるのでしょうけど
ルールは守りましょうよ。枝折ったり、外来種持ってきたり(餌ね。)
鳥好き=身勝手サイテー連中ととらわれないように。

まぁ中にはイイヒトも多いのでしょうけどね。

  しかし人それぞれだからイイケドサ、それぞれだから言わせてもらうけど

  どこそこにナントカドリいたぜ→ゾロゾロ
  出たよ→ぞろぞろ

  おもろいか??
コマドリだけじゃなく、ビタキ系とかカワセミとか、危険な餌付けヤラセがはびこりすぎてる。
で、だいたいそういうのしてるのって老人の域というか団塊世代上が多いのよね。
        
写真は同じ公園でも見向きもされないような場所にいた雌コマドリ。
雌のほうがやさしい感じを受けてかわいいですね。

少しゆっくりおつきあいできてほっとできました。
地味だと、連中は集まってこないから(笑)

【写真】ネイチャー | comments(0) | trackbacks(0)
Search this site
Profile