スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
金属の飛翔体
また更新空いた。

と、いうわけで?今回はまったくブログテーマから離れてしまいますが
空ネタ、しかもオスプレイ隊なヘリコプターです。

SH60-K

ジェットもそうですが、ローター機も消耗品の集合体。

精密パーツのローター機構部と外装のリベットがアンバランスで不思議な感じです。


こういうカット写真結構好きだったりします。


左のパイロンが邪魔だったけど、移動させたら
貴様ぁ!なにをうご・・・・・と、じゃなくて
モラルが無いのでそういうことは考えてもいません。


駐機場に向かってタキシング中のSH60-K
思いがけない晴れ間で、ちょっと絞らざるを得ず背景がうるさいですね。
【写真】その他 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
リベットって整備性に欠ける気もしますが、ネジのような
緩みがでにくいとかの理由なんですかね。
メカメカしいのがカッコイイですよね!

格納庫内って色んな物が写り込んでしまうのって、
家に帰ってチェックしてる時に気付いてしまいますよね(^_^;

ちなみに、1枚目4枚目はフロント右下部にFLIRがあるのでSH-60Kですね。
3枚目の92号機はSH-60Jです。
残念ながら2枚目は判別不可(^_^;
Posted by くに | 2013/10/26 7:24 PM

うは、訂正ありがと。みんなJだなw

リベットは整備性いいんですよ。頭飛ばせばばらせるし、
なにより緩みがない、強度再現性が高いのが理由かな。

本文は訂正しておきます。
Posted by ringo | 2013/10/26 11:21 PM

Post a Comment
Trackback URL
http://searingo.jugem.jp/trackback/386
Trackbacks
Search this site
Profile
Recent Entries